チャレンジランニング月間スタート!〜その目的とは〜
2021/11/17

今週からの約1か月間は、「チャレンジランニング月間」です。体育科の「持久走」の学習です。「長い距離を走るには、走り方をどのように調節すればよいのか?」を実際に走ることで考え、追究していく単元です。持久走の単元は、自分の走り方をコントロールしながら走りきる「調整力と粘り強さ」、時間毎にどのようなペース設定をすればよいのかを考える「思考力」、身体にかかる負担を少なくして、長い距離を持続的に走ることできるフォームなどの「知識・技能」を身に付けることをねらいとしています。5年生の場合は、「5分間で走った距離」を毎回測定し、記録し、振り返ることで、「5分間でもっと長い距離を走るには、どうすればよいのか?」について考え、次回の自分の課題として設定します。すなわち、持久走(チャレンジランニング)を通して、P「計画」→D「実行」→C「検証」→A「改善」といった人間の成長プロセスを身に付けることも学習の大きな目的なのです。まさに、「考えて努力する大切さ」「行動に移すことの大切さ」といった生きる力を育む学習なのです。今年度は公開週間も設定したので、ご都合がつくようであれば、ぜひ持久走の学習の目的を意識しながらご覧になってみてください。




読書の秋〜ピーターパン読み聞かせ〜[ 2021/11/17 ]
課題がみられた避難訓練〜予告なし〜 [ 2021/11/18 ]
TOPに戻る